山梨 Life Style 19 山梨・自然のなかに移り住んだ私たち家族の暮らし 北川えりさん

北川えりさん

この土蔵は昔は衣装蔵だったもの。大きくとった窓の外のデッキから周囲の山が望める。

北川えりさん

1975年生まれ。静岡県の自然豊かな町で育つ。短大を卒業後、自動車教習所の教官を経て、2000年、「スーパー耐久レース」のイメージガールに。以後、テレビ番組『ワンダフル』のワンギャルや、NHK語学講座「中国語会話」など、数多くの番組で活躍している。

畑を耕して自然の恵みをいただく。
古い蔵を受け継いで、心地いい住まいをつくる。
食べること、住むこと
暮らしそのものの意味が大きく変わりました。

 テレビなどで活躍するタレントの北川えりさんが、今年4月から家族で暮らすのは、晴れた日には富士山が望める高原の地。ご主人のお父さまの実家の土蔵を改装した、気持ちのいい住まいです。
 自然豊かな環境で子育てをしたいというのが、移住を決意したきっかけの一つ。「初めは、小さな家庭菜園を楽しむ生活をイメージしていたんです」。そんななか、たまたま出かけたのが住む人もいなくなったこの場所。残っていた土蔵や畑、果樹園を生かしたら― 夢は一気に動きだしました。
 計画がスタートした2年前からは甲府に仮住まいし、野菜づくりを教わることに。それは家庭菜園の域を越え、かなり本格的なもの。今年は1年分の小麦や、300個もの玉ネギを収穫したそう。
 「敷地の畑を耕しておイモを植えたり、梅干しを漬けたり。考えてもいなかった暮らしになりました。今は、お味噌を仕込むための大豆も育てているんですよ」
 完成した住まいは自然素材に包まれ、吹き抜ける風もさわやか。2歳の長男や近く誕生する次男にも、鳥の声や葉ずれの音、満天の星の美に触れつつ、心豊かに育ってほしい。それが山梨暮らしを楽しむご夫妻のいちばんの願いです。

中心の広場に母屋があったが、昔、火事で焼け、周囲の文庫蔵や道具蔵などが残った。

無垢(むく)の木を使い、漆喰で仕上げた住まい。大工さんや左官さんの仕事ぶりも楽しみだった。

弁護士のご主人も甲府に事務所を置きつつ都心と行き来。ここですごす時間を楽しむ。

設計は、勉強会で共感した「住まい塾」に依頼。大きな無垢材カウンターのキッチンも使いやすい。

正面にはもともと蔵にあった漆喰の家紋。屋根の上には、以前からついていた火難避よけの「水」の字の瓦も。

漆喰のしっとりとした美しさが生きる玄関。古い瓦も飾っている。

畑の収穫物も本格的!
1.びっしりと葉をつけた赤ジソと青ジソ。今年は赤ジソ6㎏分を使ったシソジュースも作った。2.長男も大好きなミニトマト。3.まだ小さなキュウリ。毎日グングン大きくなる。4.ナスも秋までの食卓で大活躍してくれる。

玄関を入ったところに造った土間。畑の収穫物を置いたり、家族の自転車などを置く場所。

育てた小麦と梅の実の天然酵母を使ったピザ。チーズとソーセージ以外、すべて自家製!

2階ももとの土蔵の柱や梁を生かしたデザイン。寝室やご主人の書斎もある。

敷地内の別の土蔵に干した玉ネギは、今年収穫したもの。1年間買わなくても済む量が穫れた。

 
 
  • 山梨 Life Style TOP
  • 山梨 Life Style 24
  • 山梨 Life Style 23
  • 山梨 Life Style 22
  • 山梨 Life Style 21
  • 山梨 Life Style 20
  • 山梨 Life Style 19
  • 山梨 Life Style 18
  • 山梨 Life Style 17
  • 山梨 Life Style 16
  • 山梨 Life Style 15
  • 山梨 Life Style 14
  • 山梨 Life Style 13
  • 山梨 Life Style 12
  • 山梨 Life Style 11
  • 山梨 Life Style 10
  • 山梨 Life Style 09
  • 山梨 Life Style 08
  • 山梨 Life Style 07
  • 山梨 Life Style 06
  • 山梨 Life Style 05
  • 山梨 Life Style 04
  • 山梨 Life Style 03
  • 山梨 Life Style 02
  • 山梨 Life Style 01

プロに相談する

物件を検索する